不動産投資信託を始めよう|正しい知識を身に付ける

模型と鍵を持つ手

買い材料が沢山あります

不動産

マイナス金利の導入は上場不動産投資信託にとって大きなメリットとなっています。今後は、金利を支払うのではなく、借入をしていることで金利を受け取れるという状況も考えられます。借入規模の大きい上場不動産投資信託には注目しておきましょう。

詳しくはこちら

これからもチャンスです

住宅設計

上場不動産投資信託は長い目で見れば、不動産ミニバブル崩壊後から右肩上がりで上昇を続けています。現在の金融政策が継続される限り、上値余地はまだまだ残っており、十分にキャピタルゲインを狙える投資商品といえます。

詳しくはこちら

こちらもおすすめ

  • みんなで大家さん販売

    みんなで大家さんに相談することで投資に関連する情報を集めておくことができます。ネットからでもチェックが可能ですよ。
  • マンション経営・東京

    中古の投資用マンションがここで紹介されています。信用できる不動産を使用することで投資に失敗することはありません。

時代にあった投資商品です

不動産投資信託を成功させるためにこちらをチェックしておいたほうが良いですよ。手数料が安い証券会社ならお得です。

利回り上昇が期待できます

不動産

マイナス金利の導入により定期預金や国債での運用に期待が持てなくなりました。一方で、熱い視線を送られている投資商品があります。それが上場不動産投資信託です。現在の経済状況、金融情勢であれば、上場不動産投資信託はインカムゲインもキャピタルゲインも狙える存在です。インカムゲインにおいては、不動産市況の改善を受けて、賃料が下げ止まり、さらには一部で上昇を始めているところもあります。これに伴い、上場不動産投資信託の各銘柄も分配金がじわじわと上昇しています。特に顕著な銘柄はオフィスビルやホテルに投資をしている上場不動産投信託です。現在は3%半ばの分配金利回りですが、将来的には取得価格に対して分配金利回りが上昇するものと考えられます。

じっくり持とう

また、キャピタルゲインの期待に対してはインフレーションの時代に突入したことが大きく影響しています。上場不動産投資信託は保有している資産のほとんどが不動産です。不動産はインフレーションに強い資産であり、物価が上昇すれば不動産価格も上昇し、上場不動産投資信託の投資口価格も上昇することが期待できます。デフレーションの時代には元本が変動しない投資商品である定期預金や国債が有力な投資商品でしたが、インフレーションの時代にはこれらの投資商品が適さなくなります。時代の変化と共に投資商品を切り替えることも重要です。その対象として上場不動産投資信託はとても適した投資商品と言えます。じっくりとインカムゲインを得ながらキャピタルゲインを待っているとよいです。

違いを知って投資をしよう

建物

上場不動産投資信託は、中古ワンルームマンション等の収益物件での不動産投資と異なり、所有権を持つことができるわけではありません。しかし、所有権を持つことによる手間もかからないので、不動産投資の成果のみを手にしたいという人に向いています。

詳しくはこちら